プログラム・スピーカー紹介

DAY1|2013年3月15日(金)


JW-00開会のあいさつ&AWSアップデート


KEY-01Behind the scenes of Presidential Campaign

「有権者の過去の投票履歴を元に個別に対応をする」
昨年の米大統領選挙でのバラク・オバマ大統領の再選にソーシャル+ビッグデータというITの力が大いに貢献したというニュースを耳にした方も多いのではないでしょうか? 本講演ではビッグデータおよびソーシャルデータの解析を専門とするAWSソリューションアーキテクトであり、チームオバマの一員でもあったMiles Wardが、選挙戦の裏側で、ビッグデータ解析が果たした役割、そしてチームを勝利に導いたAWSの使い方のベストプラクティスを語ります。

ムービーで見る(英語) »



Miles Ward

Solution Architect Manager
Amazon Web Services


PD-01クラウドファースト時代に求められるシステムインテグレーター像とは?

顧客は既に、AWSを含めたクラウドの利用を考えはじめています。理由はコストとアジリティ、またグローバル対応。
このため、SIerもクラウドを使った提案・設計・構築が避けて通れません。
このパネルでは、クラウドへの取り組みを行なっているシステムインテグレーター3社にお集まり頂き、顧客動向の変化や、それに対して取っている戦略など、これからのシステムインテグレーター像についてお話しを頂きます。



モデレーター:片山 暁雄

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト / 部長


パネラー:大石 良

株式会社サーバーワークス
代表取締役


パネラー:瀧澤 与一

SCSK株式会社
ITマネジメント事業部門 クラウド事業本部 基盤統括部 第1開発課 課長


パネラー:中村 輝雄

株式会社日立製作所情報・通信システム社
クラウド担当本部長


PD-02クラウド時代の個人に必要な変革とは?

クラウドが普及する以前から、OSSの普及によりデベロッパー個人の力でも十分にサービスを開発することが可能な環境が整っていますが、サービスがヒットした際に十分なキャパシティのITインフラを使うには様々な製薬がありました。現在、クラウドの普及により、大規模なITインフラを個人デベロッパーが日常的に使うことができる時代が始まっています。
個人デベロッパーでも大企業と同等のITインフラを使うことが出来るようになった今、個人デベロッパーはクラウドとどのように向き合っていったのか、どのように変わっていったのか?などについて、個人もしくはスタートアップにてクラウドを使ってきたデベロッパーの皆様にお話を伺います。

ムービーで見る(前篇) » | ムービーで見る(後編) »



モデレーター:松尾 康博

アマゾン データ サービス株式会社
ソリューションアーキテクト


パネラー:増井雄一郎
(風呂グラマー)

株式会社 FrogApps
CTO, MobiRuby inventor


パネラー:大田 一樹

Founder & Chief Technology Officer
Treasure Data


パネラー:和田 裕介
(ゆーすけべー)

株式会社ワディット
代表取締役社長


PD-03変革の時代におけるコミュニティの役割とは?

異なる価値観を持つもの同士がひとつのテーマを元に集まるコミュニティ。先の予測が困難な変革の時代にこそ、コミュニティから生まれる「人と人とのつながり」はますます重要になってきています。
この講演では、JAWSコミュニティに大きく貢献した者に授けられるAWSサムライの称号を今年獲得した4名をパネラーに迎え、サムライ達のJAWSとの出会い、関わり、コミュニティがもたらした出来事を語っていただくことにより、コミュミティの役割とはという答えに迫っていきます。



モデレーター:堀内 康弘

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
テクニカルエバンジェリスト


パネラー:小賀 浩通

株式会社 デジタルキューブ
代表取締役社長


パネラー:後藤 和貴

cloudpack(アイレット株式会社)
エバンジェリスト


パネラー:得上 竜一

株式会社マイニングブラウニー
代表取締役


パネラー:藤原 吉規

Chatwork株式会社
技術部 サーバーエンジニア


NE-01JAWS恒例 大LT大会

ライトニングトーク登壇者:

  • Redshiftの衝撃・性能は?用途は?Hadoopとの関係は?実際どうなの? / 藤川幸一
  • 全自動会計アプリ freee : Heroku => Ruby版 Elastic Beanstalk 移行秘話 / 横路隆
  • 10000QPSを50msecで返すインフラをAWSで作る / 山田直行
  • Fast search engine Powered by EC2 / 岩瀬 高博
  • SNS+SQS+Nodeで簡単にユーザーサポートシステムができた(仮) / 高橋三徳
  • AWSはとんでもないものを盗んでいきました / 清水崇之
  • awsで初めてのWEBアプリつくってみたよ。 / megane9988
  • EC2の運用性を界王拳並に強化するEngine Yard Cloud / 安藤祐介
  • 恋に落ちるユーザーグループ JAWS-UG: The user group you will fall in love with / 吉田真吾


NE-02AWS ウルトラクイズ JAWS DAYS予選

JAWS DAYSにあのクイズが帰ってきました!AWSウルトラクイズに先立ち、JAWS DAYS予選の開催が決定いたしました!
AWSの今を気軽に学んて、グランドプリンスホテル新高輪 スイートルーム ペア宿泊券(AWS Summit開催期間限定)や、Kindle Fireなど豪華な賞品もゲット。さらに、優勝者にはAWS SUMMITTOKYO 2013で開催されるAWS ウルトラクイズ決勝大会の特別シード権も進呈いたします。
AWSのディープな世界を目指して、AWSマイスターとクイズ勝負しましょう!



モデレーター: 玉川 憲

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト / 技術統括本部長


モデレーター: 大谷 晋平

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト / 部長




DAY2|2013年3月16日(土)


HD-01ビギナー向けハンズオン*

AWSの名前は聞いたことがあるけどアカウントを持っていない方、きちんとEC2の基本操作を理解したい方のためのハンズオンセッションです。
AWSのアカウント作成、EC2インスタンス起動、AMIの操作、EBSの操作を通して、基本的なEC2の操作方法ができることを目指します。



片山 暁雄

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト / 部長


HD-02上級者向けハンズオン*

AWSでスケーラブルな環境を構築するハンズオンセッションです。
今回は、Elastic Beanstalkを利用して、autoscalingするスケーラブルなWebアーキテクチャを構築して頂きます。



安川健太

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト


HD-03CDPハンズオン* - 画像配信サイト編 -

EC2,S3,CloudFrontを使った、画像配信サイトのハンズオンです。
CDPのWebStorege,DirectHosting,CacheDistributionなどのパターンをシナリオに沿って実装します。



片山 暁雄

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト / 部長


HD-04CDPハンズオン* - キャンペーンサイト編 -

EC2,ELB,CloudFrontを使った、キャンペーンサイトのハンズオンです。
Clone Server, Scale Out, NFS Sharingなどのパターンをシナリオに沿って実装します。



鈴木 宏康

アイレット株式会社
CTO


HD-05CDPハンズオン* - Eコマースサイト編 -

EC2,ELB,RDSを使った、Eコマースサイトのハンズオンです。
サイトの障害回復、冗長化のため、FloatingIP, Multi-Server, Multi-Datacenter,DB Replicationなどのパターンを実装します。



玉川 憲

アマゾンデータサービスジャパン株式会社
ソリューション アーキテクト / 技術統括本部長


HD-06CDPハンズオン* - VPC移行編 -

Eコマースサイト編で作成したシステムを、VPCに移行します。
移行のために、CloudFormerとCloudFormationを利用します。
CDPのStamp, Bootstrap, CloudDI, StackDeploymentなどのパターンを実装します。



安川 健太

アマゾンデータサービスジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト


HD-07CDPハンズオン* - 冗長化+お楽しみCDP編 -

サーバ冗長化のため、現在パターン候補のVirtualIPやFloatingENIなどを実装する予定です。
またお楽しみCDP実装ということで、新パターン候補のパターンの実装を行ないます。



玉川 憲

アマゾンデータサービスジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト / 技術統括本部長


片山 暁雄

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
ソリューションアーキテクト / 部長


OPS-01インフラエンジニアが開発者と実践しているDevOpsな現場のお話

Web業界で働くインフラエンジニアが現場のお話をします。
クラウドの登場を無視できなくなった昨今、DevOpsなやり方が必要だといった話も耳にします。そんな中で実際にどうサービスと向き合っているのか。運用しているのか。
普段、開発者の人とどんなやり方で仕事をしているのか。それらをテーマにインフラ視点で現場を語らせて頂きたいと思います。



梅谷 敦

株式会社Paperboy&co.
EC事業本部ジュゲムカートチーム


OPS-02クラウドソーシングサービスを支えるクラウドコンピューティングサービス

日本最大級のクラウドソーシングサービス「Lancers」は、2012年にAWS環境へ完全移行を行いました。移行時に苦労したポイントや、その後のTV紹介時の負荷対策、移行後約1年で培った運用ノウハウ・課題などについてお話させて頂きます。



木下 慶

ランサーズ株式会社
システム開発部 マネージャー


OPS-03EventRegist on AWS: イベントレジストにおけるCDP(クラウドデザインパターン)

2011年にサービス開始したソーシャルチケッティングサービス イベントレジスト では、サービス開始当初より AWS を活用しています。大規模イベントでの利用が増加していく中で、そのインフラストラクチャも拡大を続けています。
イベントレジストのどういった機能に、AWSのどういったサービスを活用しているのか、CDP(クラウドデザインパターン)に沿って、お話します。



池田 大輔

イベントレジスト株式会社
CTO


OPS-04AWS を活用して小さなチームで、世界で使われるサービスを運用する方法

ヌーラボの製品の一つ Cacoo(http://cacoo.com) はオンラインのドローツールで、商用サービス開始から2年弱で、全世界70万ユーザを越えるほどに成長しています。サービスは大きく成長する一方、エンジニアチームの規模はサービス開始当初とほとんど変わりありません。私たちの事例から、小さなチームでいかに変化に追随しながらサービスを大きく育てていくか、その勘所をご紹介します。



染田 貴志

株式会社ヌーラボ


OPS-05ランキング1位の人気スマホアプリをカジュアルにセキュアに運用するノウハウ、教えます

メディアテクノロジーラボでは蜷川実花監修アプリCameranや虫判定器、Ambrotype等多数の人気スマホ向けアプリを少人数のチームで生み出しています。本講演では、いくつかのアプリの事例を交えて、少人数のチームで多数のアプリをカジュアルかつセキュアに運用してきたノウハウ、スケール経験をご紹介します。



大井 宏友

株式会社リクルートホールディングス
R&D戦略室
メディアテクノロジーラボ


OPS-06ベータテスト100人からアジア350万へ。無制限にスケールし続ける写真共有SNSを運用するケーススタディ「Snapeee」

写真共有ソーシャルアプリ Snapeee(http://snape.ee/ja/)はアジアの20代女性に支持され350万DLを超えて成長を続けています。 100人のベータテストから始まったサービスを、SimpleDBを活用して数百万までスケール可能なアーキテクチャに再構築。 現在はヒトケタ上のスケールを目指してDynamoDBへ換装し、spotインスタンスの積極的活用によるコスト管理等、 少ないリソースで大きなサービスを運用するDevOpsな試行錯誤をケーススタディとして公開します。



神尾 隆昌

株式会社マインドパレット
Co-Founder & CTO


OPS-07ソーシャルテレビエンターテインメント JoinTV(ジョインティービー)

人々の接するメディアやデバイスも大きく変化し、ソーシャルメディア利用者が急増する今、時間の消費先や情報の入手経路も多様化しています。テレビとソーシャルメディアの相性は非常に良く、多くの人に同時にエンターテインメントを提供するテレビ局がSNSを活用することにより、今までにない新しいテレビを作れるのではないかと考え、日本テレビでは、テレビ画面やスマートフォン上に自分の友達が表示されたり、その友達と番組に参加できるサービス JoinTV を開始しこれまで多くの番組で実施してきました。

本プログラムでは、データ放送やスマートフォンなどすでに普及しているデバイスや仕組みを利用し番組を観ながら多くの人が多くの人と交流しながら番組を楽しめる本サービスの紹介と、そのサービスを支えるAWSの活用とその理由を始め、今後の展望について紹介いたします。



安藤 聖泰

日本テレビ放送網株式会社
編成局 メディアデザインセンター
メディアマネジメント部 主任


阿部 洋介

(株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ
システムサービスユニット)


岩田 雅也

(株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ
システムサービスユニット)


松本 悠輔

(株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ
システムサービスユニット)


OPS-08Eight meets AWS

公開から1年が経過した名刺管理アプリ『Eight』。
個人情報を扱うサービスを提供するために、可用性とセキュリティを考慮したシステムをどのようにしてAWS上で実現したのかと、1年間の運用を通して得られたAWSとの付き合い方について紹介します。

主なトピック:
・AWSを選定した理由
・他のクラウドサービスからAWSへのシステム移行での苦労話
・運用の省力化に向けてのEightでの工夫



間瀬 哲也

Sansan株式会社
リンクナレッジ事業部 開発部
インフラマネージャ


DEV-01AWSを使ったデータ解析PaaSの裏側

データ収集、蓄積、解析を手軽に扱えることの出来るクラウドサービス「Treasure Data」。このサービスはAWSを利用して構築されています。
本セッションでは、Treasure Dataのアーキテクチャがその裏側でどのようにAWSを利用しているのか、またデータ収集の核となるオープンソースソフトウェアFluentdのアーキテクチャを解説します。



中川 真宏

Senior Software Engineer
Treasure Data


DEV-02DynamoDBによるソーシャルゲーム実装How To

国内で2例目となるDynamoDBによるソーシャルゲーム事例『大激闘!キズナバトル』 その裏側にある実装How Toを惜しむところなく紹介します。
設計のコツから運用ノウハウ、バッドノウハウ、果ては失敗例まで、幅広く解説します。



伊藤 祐策

株式会社マイネット
アーキテクト


JW-02ごきげんよう -クラウドエンジニアの種を蒔く-

数年前、インフラエンジニアとして、プログラマーとして、腕に覚えのあったエンジニア達はクラウドの技術を吸収していき、この1年でそれが花開き、実を結び、そして刈り取られていきました。
2013年クラウドファーストといわれるような時代となり、クラウドの普及は進むのにエンジニアの数は足りなくなってしまいそうです。そのために今何をしなければいけないのか考えた時、クラウドエンジニアの種をまくことが必要ではないのかという結論に達しました。
半年間学校で、AWSを教えていく中で、学生たちは初めてのSSH接続をEC2に捧げ、メンテナンス不要のデータベースが当たり前で、無尽蔵のストレージにファイルを保存する事を覚えました。そんなクラウドネイティブと呼ぶべき学生達がこの半年間で、学び・身につけた技術を使い一つのサービスを作ったようです。
どんなサービスを思いつき、どんな設計をし、どんな実装をしたのかをお楽しみください。パネルディスカッションでは、学生たちがAWSをこれから学ぶ人に向けてのアドバイスや、苦労点、楽しかった点などを話してくれます。


登壇者: 東京支部長 得上竜一, バンタンドットライブアカデミーの学生達


JW-03横浜支部 presents AWSとセキュリティ - re:Play -

エンタープライズを指向する横浜支部からは、3/16(土)に開催した『AWSとセキュリティ Bastion 1』の講演をまとめ直し、以下のような3タイトルをお送りします。

  • AWSの共有責任モデル ADSJ 片山暁雄
  • AWS上でのセキュリティ設計方法 千葉哲也、大栗宗、中田聡
  • AWSで使えるセキュリティ製品まとめ 鈴木富士雄、吉田真吾
AWSとセキュリティに関する概要を体系的に学べる45分です。


登壇者: 横浜支部長 吉田真吾、  横浜支部 大栗宗、中田聡、千葉哲也、  湘南支部長 鈴木富士夫  東京支部 片山暁雄


JW-04札幌 と VPC と 私

2010年の終わりにススキノで設立が宣言された札幌支部は、約3ヵ月に一度のペースで、これまでに9回の「JAWS-UG札幌支部勉強会」を開催してきました。当初は少なかった札幌での事例も最近は多くなり、今年2月にはAWSの活用事例を紹介するセミナーを開催するまでに至りました。
そんな札幌で最近目立って増えているのが、Amazon VPCの活用事例です。VPCは数多いAWSサービスの中でも非常に強力で、ぜひ皆さんに使ってほしいサービスです。
そこで本セッションでは、札幌でHOTなAmazon VPCの活用事例を2つあげ、その魅力を皆さんにお伝えします。


登壇者: 札幌支部長 渡部卓央、  札幌支部 古山浩司


JW-05コミュニティーファーストのススメ


JW-06クラウドな働き方


LT-01荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)

午前の部(10時から13時): 技術質問、アーキテクチャ相談等。 荒木、松井の他に、AWSのSAもいますので、お気軽にどうぞ。(最大4パラ)

午後の部: 
at 松井の部屋: 引き続き技術質問、アーキテクチャ相談等。最大2パラで対応します。
at 荒木の部屋: LT&インタビュースペシャル ~ AWSの技術とその裏にある人とその思いを伝える4時間、CDP Advanet Calendar総括でしめくくる1時間~

時間 出演 内容・タイトル
13:00-13:10 荒木&松井 荒木&松井の部屋の趣旨説明など
13:10-13:20 吉田さん 美人CDP(仮)
13:20-13:30 ネットマーケティング 久松様 オンプレミスからAWSへ、PCからスマホへ、日本から世界へ。Omiaiの裏側。
13:30-14:40 jhottaさん 10K × 11 hrs = 39 compute years
13:40-13:50 SCSK 古林様 AWSで色々組み合わせたら、ビッグデータ一丁上がり
13:50-14:00 あんどうさん EC2の運用性を界王拳並に強化するEngine Yard Cloud
14:00-14:10 竹下さん JAWS-UG初代会長のお話
14:10-14:20 得上さん EC2よ workerに還れ(仮)
14:20-14:30 得上さん 半年間AWSを習って、サービスを作ってみました。
14:30-14:40 休憩
14:40-14:50 加畑 健志 任意長の完全にユニークなIDを作る
14:50-15:00 後藤さん Cloudpack エヴァ、大いに語る
15:00-15:10 megane9988 awsで初めてのWEBアプリつくってみたよ。
15:10-15:20 中田 聡 未定
15:20-15:30 小室さん 福岡が熱い、R53話
15:30-15:40  
15:40-15:50 片山さん 片山さん大いに語る
15:50-16:00 大石さん 大石さん大いに語る
16:00-16:10 小島さん 小島さん大いに語る
16:10-16:20 田名部 健人 クラウド移住体験記
16:20-16:30  
16:30-16:40 アットウェア 小松様 AWSで構築するCouchbaseクラスター
16:40-16:50 休憩
16:50-17:00 おくさわさん 奥沢さん大いに語る
17:00-17:50 荒木&得上 CDPAdventCalener 総括
荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)のスケジュールは変更となる場合があります。
最新のスケジュールはこちらご確認ください »


* ハンズオンへの参加をご希望の方は、事前にご希望のハンズオンの事前登録が必要となります。ご登録はこちら
  また、以下を満たしていただくことが条件となりますので、ご注意ください。

・会場にPCが持ち込める方
・AWSアカウントを持っていて、EC2/S3を操作した事がある方
・SSH/SCPツールの基本操作をマスターしており、持ち込みPCにインストールしている方